ココナッツオイルご飯アレンジレシピ ダイエットメニュー

この記事は2分で読めます

ココナッツオイルご飯アレンジレシピ

ココナッツオイルには、デトックス効果・脂肪燃焼効果があります。

油なのに、普段の生活に取りいれるだけでダイエット効果が得られるのです。

 

一日の摂取量は大さじ3杯で良いとされていて、始めたばかりの人は効果が強く出過ぎてしまう場合があるので、大さじ1杯から始めた方が良いとされています。

 

ココナッツオイルを摂取すると、まずは排便がスムーズになります。

便秘症の人は便秘が解消しますが、摂取し初めにはお腹を下すこともあるようです。

 

また、ココナッツオイルの7割は中鎖脂肪酸でできており、体内に溜まってしまった脂肪を一緒に燃焼させる効果があります。

身体の中にあるものを効率よく消費してエネルギーに変える効果を持っているので、ダイエットに最適です。

ココナッツオイルご飯の炊き方

ココナッツオイルご飯は、お米1/2に対して1杯のココナッツオイルを入れるだけのお手軽レシピです。

 

ココナッツオイルをご飯に混ぜる利点としては、ご飯の消化を抑える効果があります。

通常お米は消化されるとそのほとんどがエネルギーに変換されますが、ココナッツオイルを混ぜることで、摂取されるエネルギーは約半分ほどに抑えることができ、食べる量を減らすことなくダイエットができます。

ココナッツウォーターのダイエット効果と飲み方

 

ココナッオイルご飯を使ったレシピ

ココナッツオイルご飯は、炊いた後に冷凍保存をしても効果は変わりません。

料理によってはお冷ご飯を使った方が作りやすいものなどもありますが、それらのレシピにもココナッツオイルご飯は対応できます。

ココナッツオイルご飯を使ったカレーライス

ココナッツオイルには甘い香りがついています。

なので、慣れていない方は香りが気になる場合もあります。

 

そんなときに作りたいのはカレーライスです。

ココナッツオイルの香りがカレーの香りに紛れて、ココナッツオイルを気にせず食べることができるのです。

カレーは甘口のカレーにすると、ココナッツオイルの香りと混ざっておいしく食べれると思います。

 

ココナッツオイルご飯チャーハン

冷凍したココナッツオイルご飯を活用して作りやすいレシピです。

いつものお冷ご飯をココナッツオイルご飯に変えるだけのお手軽レシピです。

チャーハンの中にパイナップルを入れるなど、本格的な中華目線を外して、南国の海辺で食べるようなチャーハンを想像して作ると楽しく・おいしく作ることができると思います。

 

ココナッツオイルご飯オムライス

オムライスにココナッツオイルを使う場合、卵に火を通す時に引く油に使うことが多いかと思います。

ですが、それに加えてご飯に混ぜてケチャップライスを作ることでココナッツオイルの風味も増し、また違った形でオムライスを楽しむことができます。

オムライスも甘めに作ることで南国気分が味わえると思います。

ココナッツオイルダイエットのやり方と効果 朝食レシピも紹介

 

アレンジは無限大

ココナッツオイルは一日に大量に摂取する必要はありません。

ココナッツオイルの量を調節したり、ココナッツオイルに合った香辛料を見つけてみたりと使い方は無限大です。

 

自分の好きな味にするために何を使ってもいいですし、今まで好きだった味のご飯にちょっとしたエッセンスとして使ってもダイエット効果は変わらず「楽しく・おいしく」食事をすることができます。

毎日の生活にちょっとした変化を加えつつお手軽ダイエットしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ココナッツウォーターのダイエット効果と飲み方
  2. ココナッツオイルダイエットのやり方と効果  朝食レシピも紹介
  3. ココナッツオイルダイエットの方法とおすすめの食べ方
  4. ココナッツオイル低カロリー野菜たっぷりレシピ
  5. ココナッツオイルのドリンクレシピ
  6. ダイエットにココナッツオイル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。