ココナッツミルクの美容と健康効果 ココナッツオイルとの違いとは?

この記事は2分で読めます

ココナッツミルクの美容と健康効果

「太りにくい」、「体内脂肪が溜まりにくい」と評判のココナッツオイルですが、ココナッツミルクも負けずに注目されています。

ココナッツミルクはココナッツオイルに比べてリーズナブルな価格で入手できるので、人気が高く、料理へ使うときのアレンジの幅広さも注目されている理由といえるでしょう。

ココナッツミルクにはどのような効果が期待できるのか紹介していきましょう。

ココナッツオイルとココナッツミルクの違いとは

ココナッツオイルとココナッツミルクに成分的な違いはほとんどありません。

含まれている中鎖脂肪酸の割合がココナッツオイルの方が高い、という程度です。

 

なぜなら、ココナッツオイルはココナッツミルクを原料に作られており、エキストラバージンオイルにもなると、純度を高めるための工程が多いので、それに応じて金額も高くなります。

ココナッツミルクは、それほど手間がかかっていないため、比較的安価で入手できますが、あまり日保ちしないという欠点もあります。

 

通常、缶詰で販売されていることが多いですが、開封後は2、3日しか保たず、長期保存するときは冷蔵することがお勧めです。

 

ココナッツミルクの健康、美容効果は?

ココナッツミルクには、中鎖脂肪酸、ビタミンE、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

 

中鎖脂肪酸は身体に溜まりにくく、肌の保湿力を高めてくれます。

ビタミンEなどのビタミンは抗酸化作用もあるためアンチエイジングには欠かせない栄養素です。

亜鉛やマグネシウムなどのミネラルはホルモンバランスを整える働きを持っています。

 

牛乳の代用品として使用することで、ダイエット効果や美肌効果などが期待できる食品です。

ココナッツミルクの食べ方

ココナッツミルクは基本的に牛乳の代用品として使われていることが多く、それだけでも充分に楽しむことができるでしょう。

 

注意したいのは、ココナッツミルクに含まれている油成分は25度以下で固形化しますので、冷えた状態だと、固形物が混じるようになります。

それに違和感を覚える人は、ホットミルクのように温めてココナッツミルクを楽しむことをお勧めします。

 

また、カレーに使用することで南国風カレーが簡単にできます。

カレーのスパイシーさをまろやかな風味に仕上げられるので、辛口が苦手な人や小さなお子さんに向いているでしょう。

ココナッツオイルご飯アレンジレシピ ダイエットメニュー

 

使用するココナッツミルクの分量に応じて、使う水の量を調整してください。

通常の水の量にココナッツミルクを加えてしまうと、水っぽくなるだけですので、注意してください。

ココナッツウォーターのダイエット効果と飲み方

 

さいごに

ココナッツにはさまざまな健康、美容効果が期待できます。

またアンチエイジングに欠かせない栄養素が多く含まれていることで人気を集めている食品です。

 

ココナッツミルクは、ココナッツ製品の中でも比較的使いやすいものです。

今までココナッツ製品を使ったことがない人にはデビューに最適な食品ではないかと思います。

ぜひチャレンジしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ココナッツオイルのドリンクレシピ
  2. ダイエットにココナッツオイル
  3. ココナッツオイルダイエットのやり方と効果  朝食レシピも紹介
  4. ココナッツオイルダイエットの方法とおすすめの食べ方
  5. ココナッツオイルご飯アレンジレシピ
  6. ココナッツオイル低カロリー野菜たっぷりレシピ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。